読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

R_OMの日記

https://twitter.com/co2bjetdudesir

1ヶ月でフォースは覚醒できるのか ①

私、一応2015年は200本ぐらいの映画を観た(劇場で観たのはうち40本ぐらいですが)ので、映画ファンの端くれぐらい名乗っても石を投げられたりしないと思う者なのですが、正直な話、『スター・ウォーズ(以下SW)』は今の今までちゃんと観たことありませんでした。物心ついた頃には普通にテレビでオリジナル3部作が流れていましたが、断片的には観たことがあっても、頭から通して観た作品は一本もありませんでしたね。なまじ断片的だと、テレビから流れてくる、ダース・ベイダーがルークの○であるとか、レイアがルークの△であるとか、そういったネタバレの価値を理解せずに「へぇ~」なんてそのまま受け止めざるをえず、結果オチを知っているため改めてちゃんとSWを観ようという気にはなりませんでした。80年代のハリウッド大作モノにはそういった作品が結構ありますね。『ET』や『インディ・ジョーンズ』なんかはいまだにちゃんと観たことがありません。

99年公開の『ファントム・メナス』以降のプリクエル(前日譚)3部作に関しても、EP1のボトルキャップ・ブームには乗っかって多少集めたりしたのですが、何故かその勢いに乗って劇場に足を運ぶようなところまで行かず、EP2、3に関してはいつ公開になったのか全く記憶にない有様。結局自分の中でSW熱が盛り上がるようなことは一切ないまま、「え?スター・ウォーズの新作?興味ねぇなぁ」というノリで2015年のSWイヤーを迎えることとなったのです。

そんな自分も、さすがに今回の新作はヤバいことになりそうだという予兆を感じとったのはこのティーザーに対するSWファンの反応でした。

 

 

というか、このティーザーに対するSWファンの反応というのは端的に言ってコレのことです。

 

SWファンであるマシュー・マコノヒーによるティーザー・リアクション動画という体の、『インターステラー』の映像とSWティーザーの有名なマッシュアップ動画です。この動画がいかによく出来ているかは『インターステラー』を観れば一目瞭然だと思いますが、たとえ観ていなくてもグッと来てしまう人は多いはず。マシュー・マコノヒーの熱演につられ、SWの新作を待ち望んでいた人たちの気持ちに移入してしまい、SWを1本も観たことのない自分も思わず落涙。この動画の再生回数が1000万回をこえているのは、単純に動画のクオリティの高さが話題になったこともあるでしょうが、このマシュー・マコノヒーの反応に自らの反応を重ねたファンが再生回数を伸ばしていたことは間違いないでしょう。つまりこのマッシュアップされたティーザーには、すでにファンの歓喜を呼び起こす何らかの力が宿っていたのです。

ただ、私はここで思いました。「と言っても俺、SW1本も観てないし、SWファンがこのティーザーのどの部分に歓喜したのか実感として理解は出来ていないのだ」と。つまり私の流した涙は想像した感情の上で流した涙であって、本当の涙ではない。この時点で私は、神を前にして真の涙を流すことができない人間として多少の罪の意識すら感じていました。それが今は違います。これらの動画を前にして真の涙を流すことができる自分がいるのです。

  

1ヶ月でフォースは覚醒できるのか ② - TMOMの日記