R_OMの日記

https://twitter.com/co2bjetdudesir

映画備忘録「2017年6月」

自分は宇宙人だというレイヤーと、それって単にヤバい人でしょというレイヤーが重なり合っているけど、最後に爆弾が落ちることで、結局何が本当なの?となるのが本作の魅力のひとつだと思う。『美しい星』リリー・フランキー×吉田大八監督が語り合う https:/…

映画備忘録「2017年5月」

ルックスに磨きがかかってるヤン・イクチュンの全州国際映画祭でのインタビュー。冒頭の映画祭紹介パートには挨拶する『イノセント15』の小川紗良の姿がちらっと映っている。양익준 X 정가람 <시인의 사랑> 무비토크 라이브 ' https://t.co/ihydetxYPG— ®_OM…

映画備忘録「2017年4月」

『三つ数えろ』のローレン・バコール、かっこいい。 pic.twitter.com/acTS9PoC8k— ®_OM (@co2bjetdudesir) 2017年4月1日 韓国のレトロポスター、デスロードのやつは以前見たことあった。 [인터뷰] 과거와 미래의 순환, 사우스빅(southbig) - 노트폴리오 매거…

映画備忘録「2017年3月」

いい意味でバカっぽいのが来て安心、かな。この作品にシリアスなのは期待してないので。 pic.twitter.com/XgDkOnLC8o— ®_OM (@co2bjetdudesir) 2017年3月1日 『痴人の愛』に引き続き、谷崎X増村の『卍』を。ファムファタルの若尾文子に振り回される女を岸田…

映画備忘録「2017年2月」

『ザ・コンサルタント』 馴染みのない言葉であるが故に改題は仕方ない気もするが、観た後だとタイトルは『ザ・アカウンタント』以外ありえないという気になる。凄く変な映画だが、ベン・アフレックかJ・K・シモンズのファンなら観て損はないのでは。上手いと…

映画備忘録「2017年1月」

今年最初の映画(去年の元日に観たのは『クリード』)ということで景気付けに『東京流れ者』を再見。任侠x007xアングラのミックスである上に、強烈な映像センスとセオリーを無視した作りのせいで、真剣に観ててもどうしたって意識が飛んでしまう恐ろしい映画…

映画備忘録「12月」

『愛と死の谷』が入ってるよ!『Elle』も入ってるからイザベル・ユペール好きなのかな。 ジョン・ウォーターズが選ぶ16年映画ベスト10: https://t.co/UkWN5Pxwrv— ®_OM (@co2bjetdudesir) December 1, 2016 『最後の追跡』いやぁー凄い。『グラン・トリノ』…

映画備忘録「11月」

『10 クローバーフィールド・レーン』 前作は現在進行形のスタイルで新しいことをやってやろうというタイプの作品だったが、今回はサイレント、スリラー、サイコホラー、モンスター、SFとアメリカの映画史を一気に縦断することで、結果新しい何かにタッチす…

映画備忘録「10月」

「2時間で名作文学を知った気になろうシリーズ」で『プライドと偏見』を。ロマンティックコメディの元祖で『クルーレス』や『ブリジット・ジョーンズの日記』の元ネタでもある『高慢と偏見』の何度か目の映画化作品。主演はシリーズ初回の『アンナ・カレーニ…

映画備忘録「9月」

ぽわんぽわんぽわ〜んという効果音が欲しくなる。 pic.twitter.com/6pZoQcVKzz— ®_OM (@co2bjetdudesir) September 1, 2016 こんな美術を前にしたら記念撮影するよね。 pic.twitter.com/ThKf6Wc9Ki— ®_OM (@co2bjetdudesir) September 1, 2016 『バッドタイ…

映画備忘録「8月」

大田区民よ。アイツがあの「呑川」を遡行してきて、我々の生活圏内を次々と破壊していく、この得も言われぬカタルシス。これを味わえるのは日本中で我々だけなのだ。本作を見ない手はない!俺は泣いた! #シン・ゴジラ— ®_OM (@co2bjetdudesir) August 1, 20…

映画備忘録「7月」

『ひと夏のファンタジア』観る。— ®_OM (@co2bjetdudesir) July 1, 2016 pic.twitter.com/NQlt4KVIhb— ®_OM (@co2bjetdudesir) July 1, 2016 #2016年上半期映画ベスト10① ヘイトフル・エイト② ビューティー・インサイド③ ひと夏のファンタジア④ ボーダーライ…

映画備忘録「6月」

『デッドプール』公開初日に駆けつけるカタチになり、熱心なアメコミファンのような格好になってしまったが、観た感想としては、まあ『アントマン』ぐらいの「小品としてはよく出来てる」ぐらいの感じ。やはり、本格的にアメコミもの卒業の日は近いようだ。…

映画備忘録「5月」

『風と共に散る』紛らわしいタイトルだが、巨匠ダグラス・サークの作品ということで俗に言うメロドラマ的展開を予想して観たら、アクロバティックな結末を迎えるサスペンス要素の強い作品で驚いた。某キャラが過度な抑圧の果てに金の模型を撫でまくるという…

映画備忘録「4月」

『トゥルー・グリット』不思議な味わいの西部劇。13歳とは思えない演技を見せるヘイリー・スタインフェルドが素晴らしいけど、彼女が受賞出来ないのなら、アカデミー賞無冠の結果は妥当だと思う。辛い評価になるのは、個人的にコーエン兄弟作の味わい方がよ…

映画備忘録「3月」

『ヘイトフル・エイト』 傑作。3時間あるが正直長いとは思わなかった。あとグロいという指摘に関しては、個人的には悪趣味レベル止まりに感じた。表現でいったら『レザボア・ドッグス』の方がキツイ。— ®_OM (@co2bjetdudesir) March 1, 2016 あとタラちゃん…

映画備忘録「2月」

『ビューティー・インサイド』傑作。暫定今年のNo.1。難病ものの変種というか、一見荒唐無稽な設定によるラブストーリーなんだけど、さすが韓国、その設定を徹底的に突き詰めて、こちらが想定していたラインのずっと上を行く作品として成立させていた。— ®_O…

2/29

いやぁー、レオ取ったねぇオスカー。個人的にはそんなに思い入れがないので、取ろうが取るまいがどっちでもよかったんだけど、取れなかったら本人がどうこうというより、レオ・ファンが暴動でも起こしそうなムードだったので穏当なところに着地できて良かっ…

2014年K-POPベスト10

以前別のところにアップしていたものを再掲。この年はボーイズ・グループ縛りになってます。 10. Super Junior - Shirt いきなり変則で、スジュだけMVではなくこちらを。「THIS IS LOVE」やMの「SWING」でも良かったのだが、このお祭り騒ぎな感じこそ自分に…

映画備忘録「1月」

『クリード チャンプを継ぐ男』ヤバいっしょ。 pic.twitter.com/mSiqGdpk79— ™OM (@co2bjetdudesir) 2016, 1月 1 ベタだけど、軽くステップとか踏みながら帰ったりしちゃうよね。— ™OM (@co2bjetdudesir) 2016, 1月 1 『ロッキー』シリーズのランク付け。7=…

1ヶ月でフォースは覚醒できるのか ⑤

そして迎えた12/18。 覚醒するぞっ! pic.twitter.com/MTtwfq7c6B— ™OM (@co2bjetdudesir) December 18, 2015 何かの緊張から左手が痺れてきた…— ™OM (@co2bjetdudesir) December 18, 2015 予習期間が1ヶ月の超若輩者でも「面白くなかったらどうしよう…」と…

1ヶ月でフォースは覚醒できるのか ④

これでとりあえず旧6作は一周したのですが、正直この程度の煮え切らないテンションではSWの魅力の本質を掴んだとはいえず、心のライトセイバーも半勃起状態、これではいかん!と自分を奮いたたせ、今度はオリジナル3部作をBlu-ray特典であるスタッフの音声解…

1ヶ月でフォースは覚醒できるのか ③

続いて評判の悪いプリクエル3部作を鑑賞。公開当時プリクエルにあまり惹かれなかった理由はそのルックの悪さにあって、オリジナル3部作が爆発的人気を誇った大きな理由として特撮的質感や独創的なルックにあったのに対して、CGによるツルっとした質感で凡庸…

1ヶ月でフォースは覚醒できるのか ②

とまぁ、大げさに言ってはみたものの、基本夏休みの宿題は8月末ギリギリにやるタイプの人間なので、前述のティーザーを観て即「12月の公開に向けて予習を始めるぞ!」とはならず、会話の内容がほとんど理解できないタマフルの「月刊 わたしのスターウォーズ…

1ヶ月でフォースは覚醒できるのか ①

私、一応2015年は200本ぐらいの映画を観た(劇場で観たのはうち40本ぐらいですが)ので、映画ファンの端くれぐらい名乗っても石を投げられたりしないと思う者なのですが、正直な話、『スター・ウォーズ(以下SW)』は今の今までちゃんと観たことありませんで…

2015年K-POPベスト

Twitterでツイートしたものをそのまま貼りつけただけなので、若干見づらいですがご容赦下さい。 眠くなるまで、2015年K-POPガールズ・グループの楽曲を振り返りたいと思います。レッツラゴー! #2015KPOPBGG— ™OM (@co2bjetdudesir) 2015, 12月 25 2015年ガ…

2015年映画ベスト

1. マッドマックス 怒りのデス・ロード 2. スター・ウォーズ/フォースの覚醒 3. バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 4. 今は正しくあの時は間違い 5. 彼は秘密の女ともだち 6. マジック・マイクXXL 7. はじまりのうた 8. 黒衣の刺客 9. 真…